top

 

 スポンサードリンク

祇をん かにかくに

祇をん かにかくに-お茶屋ダイニング


祇をん かにかくに」はフレンチベースのお茶屋ダイニング 。

桜の時期は目の前に白川の流れと満開の桜が見られる最高のロケーション^^。





かにかくに 祇園はこひし 寝るときも
 枕の下を 水のながるる

祇園をこよなく愛した歌人吉井勇の歌なんです。

この店名「かにかくに」はこの歌に由来するとのこと。
「とにもかくにも~恋しい」という意味だそうです。

ランチもなかなかオスススメ。

特に、毎週土曜日は舞妓さんの舞を鑑賞する会が開かれるんです。
お一人様¥1050(お茶・おかし付)で利用できるお得なプラン^^。
当日ランチ(舞妓御膳¥3.150)を食べた人には席を確保してくれる。
ぜひ予約を取って行くべしですね。

でも一番のオススメは、ディナー。
料理はフレンチベースで、お値打ちなのにきちんと作りこんであります。

店内は、ほんのりとした明るさで、
静かなピアノの音が流れていて、窓際の席からは、白川の清流が見渡せるというベストな風景。
桜、紅葉が美しい季節に来ると最高にいいです。
桜の花びらが、白川をさらさらと流れていく…のを眺めながら男性はここで口説くべき。

お酒を片手に、ゆっくりと時が流れていくのを二人して楽しむのもいいかも。
ムードは満点。ホントに癒される空間です。
カップルで行くのにぴったり。
初めての二人の京都旅行ならまずは、ここへお連れあれ......。


祇園にあって昼3,000円~、夜3,800円~の価格設定で気軽に利用できるのもいいですね。
桜の時期は目の前に白川の流れと満開の桜が眺められるテラス席をぜひ予約して出かけてね。



営業時間: 12:00~22:00
住所: 京都市東山区花見小路末吉町西入る北側 草園館1F
TEL: 075-561-5879
  


前のページ

インフォメーション
  • 口コミグルメTOP
  • Twitter検索なら
    • SEOブログパーツ
Mobile向けサイトはこちら